和柄転写紙・作品見本、制作についての注意事項

和柄『線描き転写紙』です。

 

『雅の巻』2500円(税抜き)

YouTubeチャンネル【アトリエ風の色】

この作品の動画です→https://youtu.be/Tvt0rrsQ_ho

雅.jpg

瓢箪尽くし焼成前.jpg梅皿に宝尽くし.jpg

 

 

貝合2.jpgP1080089.JPG

 

貝合.1.jpgP1080084.JPG

 

貝合9.jpg雅3.jpg

 

貝合5.jpg雅4.jpg

 

雅6.jpg

P1080425.JPGP1080422.JPG

 

P1080612.JPGP1080608.JPGP1080606.JPGP1080604.JPGP1080601.JPG

P1080591.JPGP1080597.JPG

 

 

P1080568.JPGP1080553.JPGP1080425.JPG

 

 

P1080120.JPGP1080035.JPGP1080021.JPG

 

P1080060.JPGP1080061.JPG

 

 

下記のように、転写紙の貝合と蝶々と鹿の回りにある扇形の線は、

そのまま使っても良いし、それ自体を切り抜き扇型の線として別に使います。

中には、好きな文様をおいて使います。

 

和柄分解鹿.jpg

 

 

このように、いくつも扇型の線を使っても素敵です。

和柄分解貝合.jpgP1080182.JPG

 

 

 

 

 

『宴・うたげの巻』2500円(税抜き)

YouTubeチャンネル【アトリエ風の色】

この作品の動画です→https://youtu.be/LIpSTKKcwxc

 

 

宴.jpg

 

この丸皿は、古伊万里のように扇型以外にも

カーブの線を利用して、分割線にして使ってみました。

和柄分解姫.jpg

 

このように、丸皿に区切りをつけて全面に文様を貼り付けても素敵です。

 

_20171106_165616.JPG

 

line_1509955189647.jpg

 

line_1509955205402.jpg

 

_20171106_170110.JPG

 

 

 

  

宴1.jpg

 

宴3.jpg

 和柄おひな様全体.jpg

 

宴2.jpg扇おひな様焼成前.jpg

 

源氏車マグカップ.jpg

鯛と宝船湯のみ2個.jpg

 P1080427.JPG

宴・花車アップ.jpg

 

 

ひな祭りフリル皿.jpg

 

うたげ・宝船部分.jpg

 

富士山皿うさぎ餅つき.jpg

 

 

うたげ・うさぎ全体.jpg

 

うさぎ・部分.jpg

 

宴の巻き源氏車.jpg

 

 

小皿.jpg

 

 _20180220_152725.JPG

お重の蓋 色々…

 

 

 

『連続文様』2000円(税抜き)

YouTubeチャンネル【アトリエ風の色】

この作品の動画です→https://youtu.be/SeRIPkf9nr0

 

 

有田焼や九谷焼の名品には、必ず裏文様があります。

古来より伝わる裏文様の転写紙です。

 

和柄『連続文様』.jpg

 

 

 

連続文様1.jpg

 

連続文様2.jpg

 

貝合6.jpgP1080419.JPG

 

 

P1070784.JPGP1080585.JPGP1080575.JPG

 

 

 

 

・一度780800度で焼成して焼き付け、上から洋絵の具や和絵の具で線の中に絵付けをし その後、再度 同程度の温  度で焼成してください。

 

・和絵の具の盛り絵の具(厚く盛って使う絵の具)を使用する場合、桜や梅のシベや牡丹など赤い線の部分に絵の具を  のせると、赤い線が見えなくなることがあります。

 花の中央には絵の具をのせないように描いてください。見本をご覧ください。

 

また、ヒモや牡丹の細かいスジの描いてある花びらの部分には、厚く盛らずに使う上絵の具の赤(和・洋共に)が向いています。

  

・黒い線の部分には、どんな絵の具をのせても綺麗に仕上がります。

 

・和柄『宴の巻』の黒のバックの空の部分には、金彩をすると豪華に仕上がります。また、大きな部分の貼り付けには、付属のビニール(転写紙の上に被せてあるビニール)を適当な大きさにカットして、上から空気を抜くようにこすると簡単に貼りつけられます。

 

 

染め付け風『うさぎの巻』 2000円(税抜き)

YouTubeチャンネル【アトリエ風の色】

この作品の動画です→https://youtu.be/3ems5dJVL_U

こちらは、貼り付けるだけで可愛く仕上がるタイプです。

うさぎ4.jpg

 月とうさぎと波は、『能』の謡いの一節から

現代まで受け継がれている、日本人の心に

響く文様です。

是非、和食器に付けてみてください。

うさぎ8.jpg

 

うさぎ10.jpg

 この蓋付き湯飲みはお気に入りです。

小さな波がとても映えて素敵です。

うさぎ7.jpg

 

うさぎ13.jpg

 

追いかけ文様にすると素敵です。

IMG_0751.jpg

 

やはり、これが一番かわいい!

IMG_0741.jpg

IMG_0750.jpg