白盛転写紙シリーズの注意事項・作品見本

 

 

 注意事項と制作過程が全てご覧になれます。
YouTube・アトリエ風の色 →https://youtu.be/2Ji9CcGFGmc
とても分かりやすい動画ですので、是非ごらんください。

 

アトリエ風の色 白盛転写紙 

 税込み1.728円 

 

従来になかった、グラデーションにこだわった白盛転写紙 

バックの色により作品の雰囲気が変わります。

 

 

 重要  白盛転写紙注意事項   必ずお読みください

 

 本品は、ツヤと盛りを美しく出す為に、盛り絵の具を大量に使用している為、下記にご注意ください

 

・転写紙のピンクの部分は、焼成後に焼き飛びます。

 

・使用する部分を大まかにカットすれば、転写紙が自然に剥がれます。細かい葉を切らないようにしましょう。

 

・転写紙が厚いので必ずゴムピックを使い、花びらの部分は特に丁寧に何度も水抜きをしてください。

 

018A9FA8-000E-4226-8182-767519A55F37.jpeg

 半日~1日乾かして、デキャールソフター1対水3を混ぜた物を筆で塗る。

その後、3日乾かして、830~835度で焼成すると、失敗無く綺麗に仕上がります。

デキャールソフターは、原宿陶画舎又は、ポーセラーツのショップなどで購入出来ます。

・乾燥が足りないと縮れてしまいますので、最低3日は乾燥させますが、その時に急激な高温になると焼成時に縮れることがありますので、熱い窯の上などに置かないでください。

 

・焼成する前に、必ず空気が入っていないか、浮いている部分が無いか確認してください。

 

焼成温度は、830度~835です。この温度で絵の具が良く溶けて艶が出ます。

 

各メーカーのプログラムでお選びください。

 

 

 

穴が開いたときの修正方法

 

白盛転写紙は絵の具が厚い為、水抜きが甘いと穴があきやすいので、付属の白盛転写紙修正用絵具で修正します。

 

・タイルに出した修正用絵具に極々少量の水を入れ、パレットナイフで混ぜて固いクリーム状にします。

 

7A272814-255A-4F31-8B90-2F78A9A7223F.jpeg

 

 水を入れすぎると、埋めることが出来ません。その場合は少し時間をおくと再び乾燥し使えます。

 

 ・小さな穴には筆先を使い埋め、大きめの部分には花びらを描くよう盛って描きますが、このときに花びらにグラデーションがかかっているので、絵具が多く盛ってある方へと引いて描いてください。

 

残った修正用絵具は、取っておいて何度でも使えますので、ナイフで集めて保管します。

 

筆は水洗いしますが、その洗い水も取っておき上水を捨てると、下に沈んだ絵具が再生出来ます。

 

修正後、水分が飛んで絵具が乾くとへこんでくる事を考えて、絵具を少し盛り気味に使います。

 

・一日乾燥させて、盛りがボコボコと激しい場合には、八〇〇番ほどの細かいヤスリを優しくかけます。

 

かけ過ぎると取れてしまうのでご注意ください。その後800度で焼成します。必ずこの温度で焼成します。

 

・白盛転写紙は、その特性上 何度も焼成すると剥がれる恐れがありますので、修正はなるべく1回にします。

 

 

 

転写紙の保管について

 

・転写紙は、高温多湿・直射日光を避け、付属のビニールをあてて、立てて保存します。

 

上に重ねないでください。転写紙同士を向かい合わせると、くっつき剥がれなくなり使えなくなります。

 

・白盛転写紙は、購入日より1年以内にお使いください。

 

・白盛花を目立たせるため、バックに上絵無地転写紙や、上絵の具で色を付けますが、

 必ず一度焼成してから 白盛転写紙を貼り付けてください。

 

 

FF06D08C-508F-4D81-80F3-1B88A4DCBE36.jpegC1DF6CEF-8CF2-4C87-AFDB-8EB2CC4FF602.jpegD0574B66-E2B7-4EEA-ABE4-D85A01096107.jpeg4A9B6EAA-F44D-4CAA-95B1-3AC5DFD800AD.jpegF34E4FC1-8FE3-4709-BF6C-9D539A5AA5DB.jpeg7702305D-339B-4039-81D4-6692B2CBEF81.jpegP1090133(1).JPG

96583CC9-8FFD-425D-898B-771D242B84E8.jpegE49635E9-8C78-4196-8213-6B4A20CBB32D.jpeg501EFA2C-D522-49B8-ADD8-E66C0BB312F5.jpeg333A2DF7-5811-401C-81BA-FEB019A020BF.jpeg

 

 

 

 

 

8ADA99AA-B197-4659-ABFE-EDFF7178F1D9.jpegDF3E4212-8BA1-4716-BF95-D5EA6D0B1D6D.jpeg20CB8826-53FC-4984-9799-36B1F63C55A9.jpeg9239E4DB-FBA6-4774-B63E-42F9723BB8C0.jpeg

 

E75E7E7F-301F-46A7-975D-BC76D3773F95.jpegB519529D-B6A5-487C-AF12-C2789B59C178.jpeg16E0F519-01A1-4967-87C4-1D39A7120643.jpeg09D2891B-D1D0-4A8E-96DB-72B6E4F40735.jpeg

 

 

 

 

FA35EB45-FD11-4431-8348-3427B03B82B6.jpeg1389FCC4-7BB9-4E46-BAB7-8F1863A25EA9.jpeg

 

 

 

 

DE85FB8C-884D-43D3-ABC9-FF21424C60D1.jpegFA9B790E-4249-4DFF-8D0E-1E29CE35EF14.jpeg1FF26DEA-B0DD-47C5-A35F-DD08AF09994E.jpeg

 

あらかじめこのように、洋絵の具をパディングして、一度焼成してから転写紙を貼り付けると素敵です。

 

 

 BC4070A9-C10B-49F1-B08F-6FB37A36A6B0.jpeg  パディングに絵具が濃くなった所のムラがあると、転写紙を焼き付けるときに縮みの原因になります