古九谷様式牡丹文線描き転写紙について

古九谷様式線描転写紙の使用方法と上絵の具について、

とても詳しい内容の動画ですので、是非一度ご覧ください。

ユーチューブ動画・アトリエ風の色 →https://youtu.be/YxS_yd_PHow

ご注文は→ネットショップBASE https://admin.thebase.in/shop_admin/items/edit/26622658

 

 

古九谷様式牡丹文線描転写紙 

・古九谷を代表する文様を、大中小3枚の線描き転写紙にしました。

・一度780~800度で焼成して焼き付け、その後 線の中に洋絵の具や和絵の具で絵付けをし、再度780度で焼成してください。

 古九谷風に描きたい場合は、掲載見本画像に沿って色味を付けていただくことをお勧めします。

・蝶々の赤い線の部分に絵の具をのせると、赤い線の柄が見えにくくなったり、絵具によっては消えてしまう事がありますので、この部分には絵付けをされないことをお勧めします。

・黒い線の部分に和絵の具をご使用の際は、薄めが綺麗です。また、上絵具を付けて2回焼く場合、2度目は温度を10~20度下げて焼成する事をお勧めします。同じ温度で2度焼くと剥がれる事があります。

・商用可能、ポーセラーツ教室・絵付け教室など幅広くお使いください。

九谷焼のお皿に九谷の上絵の具を使用

古九谷洋式牡丹文線描き転写紙発売中です723A8CCF-6938-4D52-9AAE-83B7A2641867.jpeg

 

 

 

 

 

 

09D9C907-EFF5-488D-9255-F87043BD9D88.jpeg50C75040-633B-48EC-B5F9-330D3F71250A.jpeg3EC9A711-80AF-4F81-BDAD-E271248B191D.jpeg瀬戸物に原宿陶画舎のメインカラー『和』を使用↓

324B1752-CD0A-407E-B394-DA80A8744B0B.jpeg8286B560-BB9E-493D-AB3E-C448B453327B.jpeg

絵の具をごく薄く水で溶き、手早く色をのせてください。

大変な牡丹や蝶、葉の線を描く手間が省けるのでとても楽です。

仕上がりは、大変な迫力があります‼︎