白盛転写紙『花詰め』作品例

注意事項と制作過程が全てご覧になれます。
YouTube・アトリエ風の色 →https://youtu.be/2Ji9CcGFGmc
とても分かりやすい動画ですので、是非ごらんください。

 

 

 

白盛転写紙『花詰め』に上絵の具をプラスした作品例です。

D9676B8B-A2BB-4551-AFC0-1A376E5EC3C8.jpeg

 

1、トレーシングペーパーに、赤ボールペンで図案を写す。

 

D9676B8B-A2BB-4551-AFC0-1A376E5EC3C8.jpeg

D14E7A97-5F10-41B1-AFE4-C2F85BEAC971.jpeg

2,裏返して、鉛筆で赤線の下をなぞる。

E72DF765-19BE-4E9F-9317-3A1016C23A53.jpeg

 

3,再び裏返して、赤ボールペンでもう一度なぞると、器に黒い線が付く。

 

359EF922-7E09-475D-8F0F-4486CF214425.jpeg

4,ファインポイントペン(陶磁器用のペン)で黒い線をなぞる。 

ペンは、原宿陶画舎で販売してます。

 

ここまで下準備をしたら、上絵の具で絵を描くか、スポンジで叩くだけにするかにより

やり方が変わります。

 

 

【スポンジで叩く方法】

1,専用のスポンジを、輪ゴムで画像のように縛り

 ポンポンを作ります。

 

FFF7778B-EDA5-49AA-A40D-234EF150F759.jpeg

2,花の回り全体を2色ほどで叩きます。

 画像は、黄色と緑を使用しています。

 

4E4FFECE-7A01-4F27-9DE9-224BF9EAF51F.jpeg

 

その後、綿棒ではみ出しを掃除します。

178D8D08-40E4-4FF5-93BF-47FEDBE020D0.jpeg

 

 

9A7458DF-9BE5-434D-98BA-4534F7032D37.jpeg

3,各花をスポンジを小さくカットしたもので、

好みの色を使い叩いて色を付けます 。

ここで叩く色が、白盛りのお花の陰の部分になります。

B39D726B-31D2-4489-B3CF-C289C324151B.jpeg

 この時、画像の4カ所に、緑を必ず叩いてください。

 ここは、転写紙の隙間で、ここに色があると映えます。

 

 

4,一度焼成します。780~800度

 

 白盛り転写紙を、ゴムピックを使い普段よりも丁寧に水抜きをして、下の絵にほどよく合わせて貼り付けます。。

 半日~1日乾かして、デキャールソフター1対水3を混ぜた物を筆で塗る。

3日乾かして、830~835度で焼成すると、失敗無く綺麗に仕上がります。

デキャールソフターは、原宿陶画舎又は、ポーセラーツのショップなどで購入出来ます。

C48882CF-5532-4F04-BA05-DD75C651549D.jpeg

 

ゴムピックを使い、丁寧に水抜きをして貼り付けます。

2~3日乾かし830度~835度で焼成します。

 

2B00F00A-018D-45D1-8156-7AB8FC3C4095.jpeg

完成!

叩く色により、様々な作風になります。

 

 【上絵の具で描く方法】

1,花の回りを、ほんのり葉を感じさせるように筆で描きます。

4156AC3F-DD86-44E8-857F-B0E46A4468CA.jpeg

綿棒ではみ出しを掃除

278CFDB4-BD4E-40D8-B3D2-73465059BE86.jpeg

各花にも色を付けます。

63078F38-73B7-4A57-A6B8-1D055635EC15.jpeg

この時、転写紙の隙間にあたるこの4カ所に

グリーンを付けると、とても映えます。

4,一度焼成します。780~800度

 

C48882CF-5532-4F04-BA05-DD75C651549D.jpeg

5,転写紙を、ほどよくおさまるようにゴムピックを使い、

  丁寧に水抜きをして貼り付けます。

  2~3日乾かし830度~835度で焼成します。

 

 29D25278-7FAC-475D-A216-264E13DBEE52.jpeg

 

アメリカンスタイルの完成です!

ブルーやパープル一色でも素敵です。

 A5280DCC-98F2-479B-A0A7-B2736C7D6D3A.jpeg