白盛転写紙『牡丹』作品例

注意事項と制作過程が全てご覧になれます。
YouTube・アトリエ風の色 →https://youtu.be/2Ji9CcGFGmc
とても分かりやすい動画ですので、是非ごらんください。

 

 

 

白盛り転写紙『牡丹』に上絵の具をプラスした作品例です。

1FF26DEA-B0DD-47C5-A35F-DD08AF09994E.jpeg

器に好みの色をパディングする。

中央はムラがあっても構いませんが、

端はホンワリ消えゆくように叩く。

 一度焼成します。

 白盛り転写紙を、ゴムピックを使い、普段より丁寧に水抜きをして貼り付けます。

 半日~1日乾かして、デキャールソフター1対水3を混ぜた物を筆で塗る。

3日乾かして、830~835度で焼成すると、失敗無く綺麗に仕上がります。

デキャールソフターは、原宿陶画舎又は、ポーセラーツのショップなどで購入出来ます。

 

71DD37E8-90BE-4EBE-BF52-453B887A0B3A.jpeg

 

その後、お好みの色を使い花の陰になる部分に

絵具をのせて描きます。

渋めの色が素敵だと思います。

 

B27CABE2-7541-46CF-88B2-08501E9B5C06.jpeg

 

2AE2AEC2-4DB9-4333-BD2E-EDA54D6A15AB.jpeg

 

41F010C1-063D-445D-9535-1EA12285C470.jpeg

 

EB0893EA-4E03-471B-A43C-8DF5EF62478A.jpeg

 

今回の使用色は、原宿陶画舎の上絵の具を使用。

コーラルピンク

オリーブグリーン

マルベリー

 

選ぶ色により、様々な仕上がりが楽しめます!